JBA

JBA



試合日程・結果

予選・第1戦日本 vs オーストラリア

試合データ

開催場所 Nouhad Nawfal Sports Complex- コミッショナー Raffy KADIAN (LBN)
試合区分 予選・第1戦 主審 Ricor BUARON (PHI)
開催期日 2017年08月08日 副審 Hatim ALHARBI (KSA)、Ahmed Ali Yaseen AL-SUWAILI (IRQ)
開始時間/終了時間 16:00 / 17:40

ゲームレポート

日本
1敗
68 20 1st 19 84 オーストラリア
1勝
11 2nd 23
12 3rd 22
25 4th 20

アジアチャンピオンを決める「FIBA ASIAカップ2017」が、本日8月8日(火)にレバノン・ベイルートで開幕。日本はオーストラリア、チャイニーズ・タイペイ、香港と同じ「グループD」に属し、予選ラウンドは争われる。今大会よりオセアニア地区がアジアに加わったことにより、予選ラウンド初戦、日本はFIBAランキング10位(日本48位)の強豪・オーストラリアとの対戦。立ち上がり良く、第1ピリオドは20-19と1点リードでスタート。しかし高さで上回るオーストラリアにインサイドを攻め込まれ、前半終了時点で31-42と二桁差をつけられる。第3ピリオドには4本の3Pシュートと15本のリバウンドを奪われ、さらに点差が開いていく。積極的に選手交代をしながら挑んだ日本だったが、68-84と16点差で敗れ、初戦を落とした。

第1ピリオド、ジャンプボールを取られたが、相手のミスからチャンスを得た日本は#24田中のシュートで先制。その後は互いに得点を奪い合っていく中、高さを生かしたオーストラリアにインサイドを攻められて初の連続得点を許す。しかし日本も#24田中が3Pシュートを含む連続得点で対抗し、11-9とリードを奪う。オーストラリアに3Pシュートを決められても、#88張本がしっかりと決め返してリードをキープ。20-19と日本が1点リードして、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、ショットクロック24秒を守り抜くなど良いディフェンスを見せる日本だったが、バスケットカウントでの失点が続く。さらにベンチテクニカルを吹かれてフリースローを与え、日本は無得点のまま、20-26とリードを広げられる。開始4分、#35ブラウンがフリースローを1本決め、ようやく日本の得点が動き、続けて#2富樫が3Pシュートを決め、24-26と2点差に追い上げる。しかしチームファウルがかさむとフリースローでの失点、そして豪快なダンクシュートを決められ、24-33とオーストラリアに流れが傾く。ゾーンディフェンスで対抗する日本だったがドライブで打開され、相手の勢いを止められない。さらにオーストラリアは、フルコートディフェンスでプレッシャーをかける。最後に#2富樫が1on1からバスケットカウントをもらって3点を加えたが、31-42と11点を追いかけて前半終了。

第3ピリオド、前半に3ファウルしている#35ブラウンがディフェンスで我慢をしながら、このピリオドだけで10点を挙げる活躍。残り4分、その#35ブラウンの得点で、41-49と8点差に迫る。しかし、オーストラリアの#5CADEE、#11KAYらに次々と3Pシュートを決められ、大きく点差を引き離されていく。日本の総数15本と変わらない14本のリバウンドを、この10分間だけでオーストラリアに奪われ、43-64と21点差と離されて第3ピリオド終了。

第4ピリオド、日本は#25古川の得点で始まり、インサイドをアタックしたことでファウルをもらい、フリースローで得点をつないでいく。しかしすぐさまオーストラリアにインサイドで攻められ、点差を縮めることができない。最後までディフェンスでプレッシャーをかけ、追い詰めようと粘り強く戦った日本だったが、高さと強さにねじ込まれ、タイムアップ。結局、68-84と16点差で敗れた。

次戦、8月10日(木) 13:30(日本時間 19:30)より、予選ラウンド第2戦をチャイニーズ・タイペイと対戦する。

スケジュールSCHEDULE

8月8日(火) 16:00 TIPOFF
第1戦

日本

68-84

オーストラリア

8月10日(木) 13:30 TIPOFF
第2戦

チャイニーズ・タイペイ

49-87

日本

8月12日(土) 13:30 TIPOFF
第3戦

日本

92-59

香港

8月14日(月) 18:30 TIPOFF
第4戦

日本

68-81

韓国

※時間=現地時間(日本時間 -6h)

LINE@でつながろう